ホーム > おーくら亭-大倉雅樹

おーくら亭-大倉雅樹

ひとのこころに響く仕事がしたいと思った。



三十九歳のとき、阿蘇に戻ってきた。
こんなに広大で美しいところだったとは、と強くこころを打たれた。
一年余前に開業した店の、その大きな窓から望むは外輪山
「晴れた日には木の一本一本さえも見えます」
大学時代から京都、卒業後はそのまま学習塾の教師として暮らした。
小学校の恩師にあこがれ、ひとを育て、導くことに燃えたのだ。
しかし受験生を送り出しつづける「むなしさ」が次第に募ってきて、
「丹念にモノを作り、決して大勢でなくとも……」
ひとをこころから喜ばせることに全精力を傾けたいと熱望する。
選んだのが料理の世界。
京都で修業の道をまっしぐらに歩み始めた。
そして阿蘇に戻り、居心地を考えぬいた店をオープン。
「きちんと作品を作り、じっくり縁を広げられればと思います」


ポスターを見る
火の国阿蘇の恵みのブランド「然」

カテゴリ : 行政
索引 :

このページのURL:

TOP