ホーム > リュウキンカ

リュウキンカ

概要

和名:立金花 学名: Caltha palustris var. nipponica

キンポウゲ科 リュウキンカ
多年草 草丈20~50cm
根生葉を出し、葉は丸く鋸歯があり分裂しません。
葉柄は長くなります。

季節(開花期)

5~7月
開花期に花茎を伸ばし3cmほどの黄色い花をつけます。
花弁に見える部分は萼片で、実際には花弁はありません。
果実は蒴果で初夏に蒔かれます

環境

利用(*全草に有毒性があります)

薬効

含有成分

食用

  •  全草に有毒性があり食用にできません

画像

※手前のピンクはサクラソウ

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP