ホーム > 御宿 小笠原-内藤幹義

御宿 小笠原-内藤幹義

雲海の高原で、人も犬も駆けまわる。



黒川にある阿蘇カドリー・ドミニオンは、チンパンジーのパン君やブルドッグのジェームズ君などで知られる動物テーマパーク。
さすがはその姉妹施設だけあって御宿小笠原は「ペットと泊まれる温泉宿」として有名だ。
犬が走りまわれるドッグフィールドだけでなく、泳げるプールもある。
全館離れ形式というのも、ペットを連れた旅には好都合。
ペットの種類としてはやはり犬がほとんどですが、
「小さなリスザルや、大きな亀とお見えになるお客さまも……」
主任の内藤幹義さんは言う。
スタッフ全員がそうであるように、ペット好きである。
珍しいところではイタチ科の小動物フェレットも常連という。
いちばんのサービスは、広々とした空間と清々しい空気。
「標高およそ五百メートル。眼下に雲海が広がることもあります」


ポスターを見る
火の国阿蘇の恵みのブランド「然」

カテゴリ : 行政
索引 :

このページのURL:

TOP