ホーム > 産平神社の湧水群

産平神社の湧水群

概要

坂梨字産平にあり、坂梨財産区の水源地となっています。国号57号が東外輪山滝室坂を登りはじめた東側に、産平神社の鳥居が見えます。
鳥居をくぐった先に、水道記念碑と刻まれた自然石の碑が建っています。
碑の南側には「坂梨財産区」とあり、町村合併前の坂梨村が昭和20年に水道を設置した記念碑です。ここから100㍍ほど杉木立を登ると、外輪山の中腹から湧き出す水を四角形の大型タンクに導き、そこから全戸に排水しています。
給水人口は坂梨地区の1600人で、所帯人員多少にかかわらず、月間水道料は一戸当たり1,000円と定められています。
貯水タンクからオーバーフローした水の音からも、水量の豊かさが実感出来ます。また、この水源の東にも湧水地点があり、その水は馬場水利組合の灌漑用として数㌶の水田を潤しています。

参考

阿蘇一の宮町史 阿蘇山と水

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP