ホーム > 白水火山

白水火山

概要

中岳の南北の斜面には、中岳より古い火山の噴出物が認められます。噴出物は、輝石安山岩~輝石デイサイト質の溶岩からなります。
新しい火山の溶岩などに覆われて震源が限られており、実態の解明が十分ではないが、現在の中岳付近に山頂を持つ火山体「白水火山」が存在したことは間違いない。主な露出は、仙酔峡の西側、倶利伽藍谷、中岳山頂部南側の皿山付近などです。噴出物の露出が中岳斜面の高い位置にあることから、白水火山はかなり大きな火山であったと考えられます。

参考

阿蘇火山の生い立ち

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP